ピロリ菌を抗菌

ピロリ菌を抗菌

ラクトフェリンの効能でピロリ菌を抗菌するというものがあります。
ピロリ菌とは、ヘリコバクターピロリという菌で主に胃で問題を起こす菌です。胃潰瘍や胃がんの原因にもなる菌です。
この菌の保有者は年齢を重ねると共に比例するかのように増加して行きます。
ということは、生きている課程であらゆる方法で感染してしまうというのが大方の見解です。
感染についてはひとつの理由だけでなく、あらゆる理由が挙げられています。
経口感染が有力説であり、口から口の感染もしくは、糞から口の感染が有力とされています。
例えば、ピロリ菌を保有している親から離乳食を口移しされたり、井戸水を飲み水にしている生活をしていて水が汚染されていたという説などあらゆる説がありますが、これと断定する説があるわけではありません。
とは言っても、このピロリ菌そのものがラクトフェリンで抗菌できるのであれば、これは大きな効能とも言えるのです。
生きて行く過程でなんとなく得てしまったピロリ菌が、胃潰瘍や胃がんの原因になるのだとしたらそれは悲しいこと。
最悪の場合、命にも関わることになるかもしれません。

 

ラクトフェリンには、ピロリ菌を包み込んで体外に一気に排出することができます。
健康診断などでピロリ菌がいるかどうかの検査や除菌の薬があるようですが、ラクトフェリンを常に摂取していると日ごろから除菌効果があると言えます。